商品情報にスキップ
1 5

Acon Digital

Acon Digital - レストレーション スイート 2

Acon Digital - レストレーション スイート 2

通常価格 ¥16,400 JPY
通常価格 セール価格 ¥16,400 JPY
セール 売り切れ

説明

Restoration Suite 2 は、オーディオ復元とノイズ低減のための 4 つの最先端のプラグインのスイートです。プラグインは、Windows と Mac の両方で VST、VST3、または AAX として、または Mac では AU プラグインとして利用できます。 Windows には 32 ビット版と 64 ビット版があります。 Mac バージョンは 64 ビットで、ARM (Apple M1 など) と Intel プロセッサの両方でネイティブに動作します。

ノイズ除去

DeNoise は、ヒスノイズ、風ノイズ、バズ音、カメラノイズなどのノイズを低減するように設計されたプラグインです。アダプティブモードで自動的にノイズを低減することも、ノイズプロファイルモードでノイズの特性を測定した上でノイズを低減することもできます。バージョン 2 の新機能は、風切り音などの時間の経過とともに変動する騒音を効果的に低減できるように、騒音の動的特性を捕捉する動的騒音プロファイルです。新しいアルゴリズムも大幅に改善され、典型的なノイズ除去アーティファクトがさらに発生しにくくなりました。

バージョン 2 では、風切り音やラベリア マイクからのガサガサ音など、時間の経過とともにランダムに変化するノイズを軽減する新しいダイナミック ノイズ プロファイルが導入されています。以前のバージョンでは、時定数ノイズ レベルを含む静的ノイズ プリントを単にキャプチャしていましたが、動的ノイズ プロファイルは、削減されるノイズから統計をキャプチャします。次に、ノイズ抑制アルゴリズムは、測定された統計を使用して、ノイズの多い入力信号に最適なノイズしきい値曲線を推定します。

デハム

DeHum は、一般的に接地が不十分な電気機器によって発生するハムやバズ音だけでなく、電気モーターのノイズなどの他の音のノイズ源も対象とします。ハム検出アルゴリズムはバージョン 2 で改善され、基本的なハム周波数を自動的に微調整する新しいスキャン ボタンが追加されました。

バージョン 2 では、ステレオ イメージの不要な変動を軽減できる Mid/Side (M/S) 処理のサポートが導入されました。新しい自動微調整ボタンは、ハムノイズ周波数の自動推定をトリガーします。

デクリック

DeClick は、クリック音、パチパチ音、衝撃音などの衝撃的なノイズを除去するように設計されています。これらの歪みは、LP レコードや 78 RPM レコードで頻繁に発生しますが、ドロップアウトやデータ パケットの歪みによりデジタル録音でも発生します。 DeClick 2 の衝撃音低減機能は、不要な破裂音を含むボーカル録音にも効果的に機能します。このアルゴリズムはバージョン 2 で改善され、必要な信号のアタックやトランジェントが減少する傾向が少なくなりました。

バージョン 2 では、ステレオ イメージの不要な変動を軽減できる Mid/Side (M/S) 処理が導入され、コア アルゴリズムが大幅に改善されました。

デクリップ2

DeClip 2 は、改良されたアルゴリズムを使用して、アナログまたはデジタル クリッピングによって歪んだオーディオ録音を復元します。


特徴

  • PC (Windows) では VST、VST3、または AAX プラグインとして利用可能
  • Apple Macintosh (OS X) では VST、VST3、AAX、または AU プラグインとして利用可能
  • Windows はネイティブ 32 ビットまたは 64 ビット バージョンとして利用可能で、Mac バージョンは 64 ビットです
  • 最大 192 kHz のサンプリング レートをサポート
  • 最大 7.1.6 チャンネルのサラウンドおよびイマーシブ マルチチャンネル オーディオをサポート
  • 高度なアルゴリズムにより、必要な素材への影響を最小限に抑えながら定常ノイズを効率的に低減します。
  • アダプティブモードまたはノイズ分析に基づいてノイズを低減します。
  • 新しい動的ノイズプロファイルにより、時間の経過とともに急速に変化するノイズを除去することが可能になります。
  • トランジェント検出により、ノイズ低減プロセス全体を通じてトランジェントが影響を受けないことが保証されます。
  • 効果的な時間的平滑化により「音楽ノイズ」アーチファクトが軽減されます
  • オプションのM/S処理
  • ブロードバンドとトーンノイズ、またはオプションでブロードバンドのみをターゲットにする
  • 入力周波数スペクトルとノイズプロファイルのグラフ表示
  • 周波数強調フィルター
  • 可変スロープ付きのハイおよびローシェルビングフィルター (-3 ~ -96 dB / オクターブ)
  • 調整可能な帯域幅 (0.1 ~ 3.0 オクターブ) を備えた高および低ピーク フィルター
  • 周波数応答のグラフ表示
  • 周波数応答曲線のハンドルによるフィルター設定の編集
  • Solo Noise モードでは、削除された信号を聞くことができます
  • 必要な信号の損失を最小限に抑えてハムやバズ音を除去します
  • 新しい正弦波再合成アルゴリズム (必要な信号を大幅に保存) または従来のノッチ フィルター モード
  • アダプティブモードにより、基本周波数が変動するハム信号を除去できます。
  • 新しい自動微調整ボタンは基本周波数を自動的にスキャンします。
  • 最大 96 個の高調波を除去
  • オプションのM/S処理
  • 奇数高調波のみをターゲットにするオプション
  • 入力信号の高解像度スペクトル分析
  • 推定された基本周波数と高調波を視覚的に表示
  • Solo Hum モードでは、削除された信号を聞くことができます
  • クリック音、パチパチ音、衝撃音、破裂音を個別に検出および復元
  • クリックの開始時間と継続時間を非常に正確に検出することで、必要な素材への影響を最小限に抑えます。
  • 改良されたアルゴリズムにより、アーティファクトを発生させずに高感度が可能になります
  • CPU効率の良いアルゴリズム
  • オプションのM/S処理
  • ビジュアルカーブメーターはクリック音とパチパチ音の除去率を表示します
  • 残留信号モードでは、除去された信号を聞くことができます
  • アナログまたはデジタルクリッピングによって歪んだピークを再構築します
  • バージョン 1.x よりも改善されたアルゴリズム
  • 上限と下限のしきい値を個別に調整可能
  • オプションの上限および下限のしきい値ロックにより、対称クリッピングの場合のワークフローが簡素化されます。
  • 入力および出力レベルのヒストグラムのグラフ表示により、しきい値の設定と復元プロセスの視覚的な監視が容易になります。
  • しきい値の上限および下限ハンドルをドラッグすることで、レベル ヒストグラムからしきい値を直接調整できます。

技術仕様

マック



OS X OS X 10.9以降。 (ARM64 および Intel 上でネイティブに実行)

メモリ1GB

ディスク1GB

プラグインVST-2、VST-3、AU、AAX

ウィンドウズ



Windows Windows 7 / 8.x / 10 / 11

メモリ1GB

ディスク1GB

CPU : Intel Core i3 または AMD マルチコアプロセッサ (Intel Core i5 以上を推奨)

プラグインVST-2、VST-3、AAX

詳細を表示する