商品情報にスキップ
1 6

U-he

うへ - MFM2

うへ - MFM2

通常価格 ¥17,600 JPY
通常価格 セール価格 ¥17,600 JPY
セール 売り切れ

MFM2: さらなるフィードバックマシン

MFM2 は、最高級のデジタル ディレイ プラグインです。微妙なテクスチャーのエコーから巨大なスペーシーなリバーブ、パッド上のワイルドな音のステップからドラムトラックのリズミカルな分解まで、あらゆるものを作成できます。通常のディレイとして、MFM2 はすでに可能な限り多くのコントロールとインスピレーションを提供しますが、バージョン 2.5 の高度な機能はより広い視野を開きます。より多くのフィードバック、より多くのコントロール、より多くのインスピレーション!


MFM2 で新しいエフェクトを作成することは、どこまで深くしたいかによって非常に複雑になる可能性があります。以下は、MFM2 調整機能として何が待っているかを理解できるように、非常に簡単な紹介です。

2 つの入力プロセッサ

2 つの入力プロセッサ

入力信号は、遅延ラインに送信される前にペアで処理できます。 「トランジェント」コントロールは、スパイクを抑制またはブーストします。 2 つの非共振入力フィルターは、独立したディレイ設定 (同じカットオフ値で In 1+2 をローパスに、In 3+4 をハイパスに設定) で周波数範囲を縮小したり、周波数を 2 つのステレオ バンドに分割したりすることもできます。

4 ディレイライン

4 ディレイライン

独立したディレイ モード: 同期、フリー、または MIDI ノートによって制御されることもあります。

各ノブの下の暗いフィールドはモジュレーションソースセレクターで、モジュレーションの量はノブの右上に表示される「ピップ」によって制御されます。

4つのメインフィルター

4つのメインフィルター

共振フィルターは信号経路内のさまざまな位置に配置できます。ここで提供されるもの: 2x ローパス、2x ハイパス、バンドパス、バンドリジェクト、オールパス (フェイザー)。

フィードバックマトリックス

フィードバックマトリックス

ここで、ディレイ ラインが相互にフィードする方法を指定できます。「ユーザー マトリックス」オプションを使用すると、4 つのディレイ ラインすべての間で信号を自由にルーティングできます。

上部の大きなコントロールは、フィードバックの全体量を調整します。パネルの下部には出力レベルのコントロールがあり、通常極性と反転極性が可能です。

2 効果

2 効果

プリフィードバック処理。ここで提供されているもの: リミッター、ビット クラッシャー、フェイザー、周波数シフター、ローパス/ハイパス フィルター、グラニュラー ピッチ シフター、ディフューザー (リバーブっぽい)。

2 コンプレッサー

2 コンプレッサー

最後の磨き!ピークまたは RMS モード圧縮。 PeakComp モードでは、一方のチャンネルのペアをもう一方のチャンネルのサイドチェーンを使用して圧縮できます。



MFM2 の機能の概要。

  • バージョン 2.5 の新機能: ゲイン、フィルター、トランジェントバランスを備えた入力セクション
  • 独立した絶対時間モードまたはテンポ同期モードを備えた 4 つのディレイライン
  • 各遅延ラインには独自のマルチモード フィルターがあります: 2x ローパス、バンドパス、2x ハイパス、バンドリジェクト、またはオールパス
  • 6 つのデフォルトの遅延構成またはユーザー マトリックス (4 つの遅延ラインすべての間で信号を自由にルーティング)
  • 8つの波形オプションまたはユーザー定義可能な形状を備えた4つの同期可能なLFO
  • 2 つの同期可能およびループ可能なマルチステージ エンベロープ ジェネレーター (MSEG) 変調ソース
  • 2番目のソースからの深度変調を備えた4スロット変調マトリックス
  • 2 チャンネルペアエフェクト: ソフトクリッパー、ビットクラッシャー、フェイザー、周波数シフター、フィルター...
  • バージョン 2.5 の新機能: グラニュラー (ピッチ シフト、リバース ディレイ) およびディフューザー (リバーブ)
  • 2チャンネルペアのコンプレッサー/リミッター、ピークまたは最大化モード付き
  • バージョン 2.5 の新機能: 強度としきい値のオプションを備えた出力シールド (ソフト クリッパー)
  • 70% から 200% までスケーラブルな UI
  • 400以上のファクトリープリセット


      MFM2.5でできることは…

      • ピンポンとパンの遅延
      • フィルタリングおよび周波数シフトされた遅延
      • コーラス、フランジャー、リゾネーター
      • リバーブ、拡散、アンビエンス
      • 粒状エフェクト
      • 遅延の劣化と歪み
      • ダッキングおよび圧縮された遅延
      • 無限ループ
      • キーボード制御の(調整された)コムフィルター
      • 大規模なグリッチ効果
      • 上記の任意の組み合わせ
      • ...その他にもたくさん

      内蔵のプリセット管理を使用して、プラグインのプリセットをすばやく見つけます。


      システム互換性

      VST2、VST3、Audio Unit (AU)、および AAX* プラグイン形式で利用可能なプラグインで、M1 互換のシンセ プラグインです。

      マックOS:
      AUv2、VST2、VST3、64 ビットのみ
      一時的に AAX がありません (続きを読む)

      ウィンドウズ:
      VST2、VST3、AAX*
      32/64ビット

      プラグインのシステム要件:

      • ホストデジタルオーディオワークステーション (DAW)
      • 1GB RAM、それ以上を推奨
      • 50MBの空きディスク容量
      • 1000×600以上のディスプレイ
      • 最新の CPU が必要です:
      • Windows/Linux: Intel Nehalem 以降、AMD Bulldozer 以降
      • Mac: Intel Nehalem 以降、Apple M1

      OS要件

      • Mac OS X 10.10以降
      • Windows 7以降
      • Linux: glibc バージョン 2.28 以降

      * AAX には Pro Tools 10.3.7 以降が必要です

      体験版をダウンロード

      ダウンロードトライアル






      詳細を表示する